中国吉林省、偽ブランドの服着用での海外旅行を禁止


[北京 5日 ロイター] 中国の吉林省政府は、知的財産権の侵害を避けることを目的に、偽ブランドの服を着て海外旅行に出掛けることなどを禁止した。5日付の新京報が伝えた。CDやDVDなどの海賊版についても、海外への持ち出しや発送を禁止するとしている。

 同紙によると、同省政府当局者は「輸出入における知的財産権侵害は政府のイメージを著しく損ねる」と指摘。中国では、アルコール飲料や高級ハンドバッグ、ヒット映画のDVDに至るまで、偽物商品が毎年大量に生産されている。

 知的財産権保護を求める声が国際的に強まるなか、中国政府も海賊行為の取締り強化に取り組む姿勢を見せているが、依然として路上などでは偽造品が公然と売買されている。

goo 映画 - 2006年12月5日